2016年01月01日

石川 トキ保護で親交 中国から届く 日本中国朱鷺保護協会名誉会長 羽咋の村本さん 信頼のあかし カレンダー【中日新聞2016年1月1日】

送られてきたカレンダーを手に喜ぶ村本義雄さん。手前は画集=羽咋市上中山町で

 トキの保護活動に尽くしている羽咋市上中山町の村本義雄さん(90)=NPO法人日本中国朱鷺保護協会名誉会長=の元に、中国からトキの絵入りのカレンダーが届いた。村本さんは「長年の活動を通した信頼関係のあかしであり、うれしい」と喜んでいる。(小塚泉)

 中国中央部の陝西省野生動植物保護協会から送られてきた。親交のある同協会の常秀雲副秘書長からで、下敷きほどの大きさの月めくりカレンダー。陝西省美術協会理事の厳粛(ヤアンスウ)さん(58)の絵が描かれ、合わせて厳粛さんの画集も同封されていた。村本さんは「トキのことをよく知る彼女にしか描けない絵だ」と話す。

 村本さんはこれまでに、同省の繁殖地に二十回足を運び、農民と一緒に田起こしをするなど泥まみれになりながら草の根の交流で成育環境を守ってきた。「日本で絶滅させたことへの償い。心に思っていることを実践することが信頼関係を深めることになる」との思いだったという。

 二〇一六年は、中国でトキが発見されてから三十五周年と節目となる。村本さんは「現地の農民は私の同志。一緒になってトキを守ってきた」と話した。
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20160101/CK2016010102000043.html

ttps://archive.is/E7txR

タグ:トキ 中国
posted by BNJ at 11:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: