2016年01月03日

ダチョウ土岐市で「脱走」 飼育小屋から姿消す【岐阜新聞2016年1月3日】(他2ソース)

逃げ出したダチョウが飼育されていたとみられる小屋=2日午後、土岐市妻木町
 2日午前8時20分ごろ、岐阜県土岐市妻木町で飼育されていた体高約2メートルのダチョウ1羽が逃げ出したと、多治見署に瑞浪市の男性(57)から通報があった。昨年12月31日ごろからいなくなっていたといい、署は市の防災無線で周辺住民に見付けても近寄らないよう注意を呼び掛け、パトロールを続けている。

 署によると、ダチョウは雄で体の色は茶色。男性は飼い主の男性陶芸家(37)から餌やりを頼まれ、12月31日朝に来たところ、柵の高さが約1.3メートルで鉄パイプと木の板でつくった飼育小屋の一部が破られ、ダチョウの姿がなかったという。前日朝には小屋の中にいるのを確認している。これまでに目撃情報は寄せられていない。

 飼育小屋はJR土岐市駅から南へ6.5キロほどの雑木林に設置されている。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20160103/201601030859_26437.shtml

ダチョウ脱走か、小屋の壁蹴破って山中へ? 岐阜・土岐【朝日新聞デジタル2016年1月3日】
 2日午前8時20分ごろ、岐阜県瑞浪市の男性(57)から「ダチョウが逃げました」と県警に通報があった。その後、ダチョウの目撃情報はないという。

 多治見署によると、ダチョウは同県土岐市妻木町の陶芸家の男性(37)がペットとして飼育しているとみられる。昨年12月31日午前7時ごろ、陶芸家宅の近所の小屋からダチョウがいなくなっているのを、陶芸家に頼まれてえさをやりに来た同県瑞浪市の男性が発見し、2日に通報した。

 ダチョウは体高約2メートルの雄。鉄パイプと板で作られた小屋が内側から壊れていたため、壁を蹴破って脱走したとみられる。現場はJR中央線土岐市駅の南約6・5キロの山際で、山中に逃げ込んだ可能性がある。県警は外出中の陶芸家と連絡が取れていないという。

 土岐市は同日午前、周辺住民らに防災無線で注意喚起をした。多治見署は「ダチョウは脚力が強いので危ない。見つけたら近づかず、110番通報を」と呼びかけている。
http://www.asahi.com/articles/ASJ1244N1J12OHGB001.html

ダチョウ逃走で注意呼びかけ 岐阜・土岐【NHKニュース2016年1月2日】

岐阜県土岐市で、30代の男性が飼育していたダチョウ1羽が逃げ出したことが分かり、警察は周囲の住民に注意を呼びかけるとともにダチョウを探しています。
逃げ出したのは、岐阜県土岐市妻木町で30代の陶芸家の男性が工房などがある敷地で飼っていた体の高さが2メートルほどあるダチョウ1羽です。
男性から餌やりを頼まれていた知人が、先月31日以降、ダチョウがいなくなったと、2日朝、警察に通報しました。
警察が調べたところ、ダチョウが飼育されていた幅4メートル、長さ8メートル、柵の高さ1.3メートルほどの木の囲いの一部が壊れていたということです。
警察はダチョウが逃げ出したとみて、周辺の住民に見つけても決して近寄らないよう注意を呼びかけるとともに、引き続きダチョウを探しています。
近所に住む男性は「ダチョウが飼われているなんて、全く知りませんでした。高さ2メートルと大きいので怖いです」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160102/k10010359311000.html

ttps://archive.is/3a5gE
ttps://archive.is/VBP8o
ttps://archive.is/nhCYP

posted by BNJ at 12:07 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: