2016年01月04日

ハト2羽の死骸見つかる、刃物で首切断? 神戸・垂水区【産経WEST2016年1月4日】

 神戸市垂水区で昨年末から年始にかけ、刃物で切断されたとみられるハト2羽の死骸が見つかったことが4日、兵庫県警垂水署への取材で分かった。同署が軽犯罪法違反の疑いで調べている。

 垂水署によると、昨年12月31日午後、垂水区名谷町の川沿いの遊歩道で、ハトの頭と胴体が落ちていると近くの住民から110番があった。今月3日午前には、約2・5キロ南の同区王居殿の集合所近くでハトの頭が落ちていた。

 垂水区では昨年11月15日以降、頭だけや頭がないハトの死骸がほかに4羽分見つかっており、垂水署が関連を調べている。
http://www.sankei.com/west/news/160104/wst1601040067-n1.html

ttps://archive.is/4VEqc
芦屋・六麓荘で頭部のないハトの死骸発見【産経WEST2015年11月14日】
頭部ないハト発見相次ぐ=首切断か、死骸に吸い殻−警視庁【時事ドットコム2015年11月9日】
矢ガモ4羽目捕獲、矢を抜き放鳥 伊丹・昆陽池公園【産経WEST2015年11月14日】

posted by BNJ at 21:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: