2016年01月07日

【探鳥】シベリアアオジ(シベリア青鵐) 東京に来た珍客【東京新聞2016年1月7日】

 清瀬市の金山調節池で5日朝、草地を歩くシベリアアオジの雄。風景に保護色で、頭部から胸までの濃い灰色が印象的。関東で見られるのは珍しい。アオジ3羽とともに行動する。12月中旬から話題になり、多くの観察者が来訪。
 ホオジロ科のアオジの亜種。ロシアのアムール地方や中国東北部などで繁殖。越冬地は中国南部など。渡り途中に日本海の離島などに立ち寄るが、数は少ない。日本のアオジは留鳥または漂鳥。全長16センチ。(写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2016010702000195.html

ttps://archive.is/ERcKb

posted by BNJ at 11:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: