2016年01月12日

岡山)初春の青空にタンチョウ羽ばたく【朝日新聞デジタル2016年1月12日】

並んではばたく2羽のタンチョウ=和気町田賀

 初春の青空に2羽のタンチョウが羽ばたいた。県自然保護センター(和気町田賀)で恒例の新春タンチョウ散策があり、10、11両日、12歳のロクハと11歳のアオが優雅な飛翔(ひしょう)を披露した。

 センターには41羽のタンチョウが飼育されている。10日午前10時過ぎ、ロクハとアオがケージから放たれた。仲間の鳴き声に励まされるかのように飛び立ち、センター内の池の上を数十秒間飛んで、池の周りに陣取った写真愛好家や見物客らを喜ばせた。

 鏡野町から初めて撮影に来たという須江秀子さん(66)は「頭が赤くて日本の鳥という感じ。とてもきれいね」と話していた。(阿部治樹)
http://www.asahi.com/articles/ASJ1B5394J1BPPZB004.html

ttps://archive.is/EKYmu

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: