2016年01月12日

コウノトリ放鳥までを紹介 福井県、DVD作成 ネットでも配信【産経ニュース2016年1月12日】

 ■野生復帰の意義知って

 県は、自然再生のシンボルと位置づけているコウノトリの飼育から放鳥までの記録などを紹介するDVD「コウノトリ羽ばたく福井県の未来〜豊かな自然環境を取り戻すために」を300枚作成し、県内の全小中学校や市町の環境担当課に配布した。県里山里海湖研究所(若狭町)や県自然保護センター(大野市)など3カ所、県のホームページ(インターネット放送局)で視聴できる。

 内容は、昭和30年代に越前市や小浜市に飛来したコウノトリや、45年に越前市に飛来したくちばしの折れたコウノトリ「コウちゃん」などの写真や画像を通して県内のコウノトリの歴史をみることができる。

 また、県が平成23年12月に始めたコウノトリの飼育から、26年6月のヒナ誕生、27年10月の「げんきくん」(雄)と「ゆめちゃん」(雌)の放鳥までの風景を映像とともに解説している。時間は約12分。

 県自然環境課は「コウノトリの野生復帰の意義とともにわかりやすく解説している。環境教育などに役立てたい」としている。
http://www.sankei.com/region/news/160112/rgn1601120047-n1.html

ttps://archive.is/cqRM2

posted by BNJ at 12:05 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: