2016年01月14日

<蕪嶋神社>再建目標2018年12月【河北新報オンラインニュース2016年1月14日】(他1ソース/ウミネコ/ネット募金/既報関連ソースあり)

新社殿建設工事計画を発表する野沢さん(左)

 火災で社殿を焼失した青森県八戸市の蕪嶋神社再建に向け、神社関係者でつくる実行委員会は13日、2018年12月の新社殿完成を目標とする建設工事計画を発表した。総事業費は約5億円。
 計画によると、新社殿は蕪島頂上に建設し、敷地面積は旧社殿と同じ約280平方メートル。建物の具体的な設計や工法は3月までに決める。現在は震災時の避難スペースを備えた設計案などを検討している。
 事業費は旧社殿の撤去費用や新社殿の資材をクレーン車で運んだ場合の料金などを含む。金額は建物の設計や工法が決まった時点で変動する可能性がある。
 蕪島はウミネコ繁殖地として国の天然記念物に指定され、工事期間はウミネコが不在となる9〜2月に限る。ことしは基礎工事、17年に社殿建設、18年に仕上げ・外構工事を実施する。工事期間中は蕪島頂上への立ち入りを禁じる。
 昨年11月の火災発生から続く募金は12日現在、企業・個人を合わせて約1100件、計4729万円に上る。宮司の野沢俊雄さん(65)は記者会見で「正月も大勢の人が訪れ、寄付を頂いた。旧社殿のイメージを踏襲し、優しい感じの社殿にしたい」と語った。
 募金は蕪嶋近くの仮社務所で受け付ける。連絡先は蕪嶋神社0178(34)2730。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201601/20160114_22007.html

八戸蕪嶋神社再建へネット募金開始【Web東奥ニュース2016年1月14日】
 八戸市が誘致した企業などでつくる「八戸IT・テレマーケティング未来創造協議会」(村田哲会長)は13日までに、同市鮫町の蕪嶋神社再建に向け、インターネットを利用した募金活動を始めた。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20160114009309.asp

ttps://archive.is/O3cW6
ttps://archive.is/fqtiN
青森・蕪嶋神社火災 焼失した「ウミネコの聖地」 再建を待つ住民と鳥たち【THE PAGE2015年11月23日】
蕪嶋神社焼失から1週間 広がる支援の輪【デーリー東北2015年11月13日】

posted by BNJ at 11:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: