2016年01月21日

【探鳥】オジロビタキ(尾白鶲) 紅梅の木で一休み【東京新聞2016年1月21日】

 千葉県松戸市の霊園の林で17日、早咲きの紅梅の枝に止まるオジロビタキ。尾羽を上げ下げする姿が印象的。「フィーフィー」と鳴きながら「カチカチ」と音を出す。今年は暖冬の影響で東京では10日、平年より16日早く梅が開花した。
 冬鳥または旅鳥として渡来する。数は少ない。黒い尾羽の外側が白いのが名の由来。この個体は下くちばしが肉色で地元の観察者は「亜種ニシオジロビタキ」と呼ぶ。二つの名がつく上品な鳥だ。全長12センチ。 (写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2016012102000161.html

ttps://archive.is/ott79

posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: