2016年01月29日

多久市の給食で異物混入【YOMIURI ONLINE2016年1月29日】(鳥の羽根(長さ約5センチ))

 多久市教育委員会は28日、市立東部小で、給食に鳥の羽根(長さ約5センチ)1枚が混入していた、と発表した。同市が委託する市学校給食センターで調理され、同校を含む小中学校6校に計約1700食分が提供されたが、体調不良などを訴える児童や生徒はいない。発表では、同日午後0時40分頃、高菜いためを、ご飯と一緒に食べていた小学1年の男児が口の中で異物に気づき、鳥の羽根を見つけて担任教諭に報告した。市教委は「調理中や配送中に混入することは考えにくいが、現時点で原因は特定できていない」としている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/saga/news/20160128-OYTNT50157.html

ttps://archive.is/yuwUN

タグ:事件事故
posted by BNJ at 11:37 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: