2016年01月29日

千葉)コウノトリ放鳥、今年も2―3羽を計画 野田市【朝日新聞デジタル2016年1月29日】

 国の特別天然記念物コウノトリの野生復帰に取り組む野田市は28日、今年の試験放鳥の計画を発表した。地元で生まれた3羽を初放鳥した昨年と違い、近親交配を避けるため、他施設の有精卵を譲り受け、孵化(ふか)して育った幼鳥2、3羽を放鳥する。昨年と同様に2月に産卵があれば、同じように7月の放鳥を見込んでいる。

 計画では、同市の飼育施設「こうのとりの里」で生まれた卵と、兵庫県豊岡市の「県立コウノトリの郷公園」の卵を2、3個交換。こうのとりの里にいる2羽の親鳥に托卵(たくらん)する。

 産卵時期は2月中旬以降を想定し、産卵後、20日ほどで卵を交換する予定だ。兵庫県の施設から譲り受けた卵が孵化しなかった場合は、東京都の多摩動物公園から有精卵を譲り受けて再度取り組む。それでも成功しなかった場合は兵庫県の施設に預けて馴化(じゅんか)訓練している2羽の放鳥を考える。

 昨年7月23日に放鳥した3羽のうち、1羽は12月に死んだものの、2羽は元気で現在、岡山県玉野市と高知県大月町にいる。予想より遠くに飛んでいるが、市では地元に戻ると考えている。3年間の試験放鳥期間が終わる来年以降、地元に定着しやすい成鳥を放鳥できないか検討もしている。根本崇市長は「今年もしっかりやれば、最終的にこの地域で巣作りしてくれると期待している」と話した。(上嶋紀雄)
http://www.asahi.com/articles/ASJ1X5DBBJ1XUDCB014.html

ttps://archive.is/sYuMY

posted by BNJ at 11:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: