2016年01月29日

盗まれた希少ハヤブサの卵を保護、ひなも誕生 チリ【AFPBB News2016年1月29日】

チリ・サンティアゴの農業牧畜局(SAG)の施設で飼育されるアルビノのハヤブサのひな。SAGの提供写真より(2016年1月27日提供)。(c)AFP/SAG
【1月29日 AFP】チリに生息する希少なハヤブサの卵4個が巣から盗まれ、数万ドルで密輸されそうになったが、当局間の国際的な連携によって保護され、そのうちの1個から無事ひなが誕生した。

 盗まれたのは、南米南端のパタゴニア(Patagonia)地方の在来種であるアルビノ(先天性色素欠乏症)のハヤブサの卵。地球の反対側にあるアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)に密輸されるところだった。

 しかし、匿名の人物からチリ当局に、英国からハヤブサの卵を密輸しようとしたとして過去に有罪判決を受けたアイルランド人、ジェフリー・レンドラム(Jeffrey Lendrum)容疑者が南米で再び密輸を準備していると電話で通報があった。

 チリ当局はこれに素早く対応し、ブラジル当局に連絡。そしてブラジル当局がサンパウロ(Sao Paulo)の空港で、盗まれた卵4個が入ったふ卵器を携行していたレンドラム容疑者を逮捕した。当局の推計では、これらの卵は闇市場で計8万ドル(約950万円)で取引されたはずだったという。

 ハヤブサは世界最速の鳥として知られ、獲物を狙って急降下する際のスピードは最高で時速385キロに達する。世界各地に生息しているが、遺伝子変異により羽毛が白い希少なアルビノ種がみられるのはパタゴニアだけだ。

 4個のうち3個はふ化できなかったが、生き残った1羽のひなはチリの首都サンティアゴ(Santiago)にある猛禽類保護施設で約3週間育てられた後、パタゴニア地方の地上30メートルにある断崖絶壁の巣に戻されたという。
http://www.afpbb.com/articles/-/3075002

ttps://archive.is/NnQMY

posted by BNJ at 21:44 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: