2016年01月31日

“天売猫”飼い主求め譲渡会【NHKニュース2016年1月31日】(海鳥保護)

海鳥を襲わないよう、道北の天売島で捕獲された野良猫の引き取り手を探す譲渡会が留萌市で開かれました。
海鳥の楽園として知られる天売島では、環境省や地元の羽幌町が海鳥を襲わないよう、野良猫を捕獲して飼い主を探す取り組みを3年ほど前から行っています。
31日は、羽幌町や動物愛護団体などで作る協議会が留萌市内のホームセンターで天売島で捕獲された9匹を含む11匹の猫の譲渡会を開きました。
訪れた人たちは、ケージの中に入った猫に声をかけるなどしながら見て回り、さっそく引き取ることを決めた人の姿も見られました。
羽幌町によりますと、これまでの取り組みで引き取り手を探した100匹余りの猫のうち、およそ70匹の飼い主が決まったということです。
会場を訪れた50代の女性は、「猫が好きなので、どのような猫たちがいるのか、興味があって来ました」と話し、30代の男性は、「天売島に行った際に島にいる猫の姿を見たことがあります。こうした取り組みが進められてよかったなと思います」と話していました。
天売島の猫の譲渡会は、2月は札幌市で、3月には旭川市でそれぞれ開かれる予定です。
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20160131/5442961.html

ttp://archive.is/0XmWh
海鳥保護、ネコ捕獲でネズミに悩む 北海道・天売島【日本経済新聞2016年1月28日】

タグ:天売島
posted by BNJ at 21:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: