2016年02月03日

羽ばたけトキ スマホでぱちり トキの写真撮影会 25日まで 佐渡【新潟日報モア2016年2月3日】

フィールドスコープに自前のスマートフォンを取り付け、撮影を楽しむ観光客=1月28日、佐渡市新穂長畝

 佐渡市新穂長畝の「トキふれあいプラザ」で、野外観察用のフィールドスコープを使ったトキの写真撮影会が開かれている。専用アダプターで来場者のスマートフォンやデジタルカメラを望遠スコープに取り付け、ケージ内のトキを撮影できる。

 撮影会は、2月末までの毎週木曜日(次回は4日。以降11、18、25日)に実施。観光客が減る冬季に誘客を図ろうと、ふれあいプラザが初めて企画した。ケージは広さが550平方メートルあり、トキが頻繁に止まる木はケージの奥に設置されている。フィールドスコープの望遠機能を利用することで、離れたトキもアップで撮影することが可能だ。

 撮影会初日の1月28日は、観光客が物珍しそうにスコープをのぞき込み、スマートフォンで撮影していた。友人と訪れた東京都の会社員宮美月さん(37)は「薄いピンクのトキ色がすてき。うまく撮れたので、ツイッターに載せようかな」と満足した様子だった。

 施設には現在、14歳雄と6歳雌のペアとその子どもの若鳥2羽の一家4羽が飼育されている。繁殖期を控え、ペアが毛繕いをするなど仲むつまじい姿を見ることができるという。

 佐渡市農林水産課トキ政策係の山中和明さんは「誰でも手軽に撮影できる。この機会に写真を撮りに来てほしい」と呼び掛ける。

 撮影会は、午後1時半〜午後3時。撮影会当日は終日入場無料になる。フィールドスコープは2台用意。アダプター接続は職員が代行するが、機種によっては対応できない場合がある。フラッシュ撮影は厳禁。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20160203232751.html

ttp://archive.is/k7RFZ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: