2016年02月04日

【探鳥】エナガ(柄長) 冬木の梢に集う【東京新聞2016年2月4日】

 千葉県銚子市の君ケ浜しおさい公園で1月28日、冬木の梢(こずえ)に集うエナガ。白と黒、紫に彩られた丸い小さな体に長い尾が愛らしい。小さなくちばしとつぶらな瞳も。「ジュルリジュルリ」と鳴き、十数羽が木から木へ。枝先につく小さな虫を採食。
 留鳥で林に分布。日本産では4つの亜種が知られる。特に北海道に分布のシマエナガは眉斑(びはん)がなく、かわいらしい姿で人気。全長は14センチで尾はほぼ半分の7、8センチ。 (写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2016020402000164.html

ttp://archive.is/yKPx1

タグ:エナガ
posted by BNJ at 11:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: