2016年02月04日

鳥取県西部の日本海に珍しいシノリガモの群れ【産経ニュース2016年2月4日】

 久しぶりに晴れ間が広がった鳥取県西部の日本海で、3日、ユニークな色彩の冬鳥シノリガモ約15羽の群れが見られた。西日本での越冬は珍しいという。

 この日、沖合から波に乗って姿を見せた群れは、海岸近くで盛んに潜水して餌を探していた。

 シノリガモの雄は、頭部や上面は光沢のある青色。体の随所にある白いラインが特徴だ。雌は全体が黒褐色で白い斑点がある。ともに全長約45センチ。

 日本では、主に北日本の太平洋側で越冬するとされるが、西日本の日本海側への飛来は少ない。ロシア極東などで繁殖している
http://www.sankei.com/region/news/160204/rgn1602040021-n1.html

ttp://archive.is/KmAth

タグ:シノリガモ
posted by BNJ at 12:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: