2016年02月09日

【千葉】コウノトリペア4年連続で産卵 野田市が発表【東京新聞2016年2月9日】

コウノトリのペアが4年連続で産んだ卵=野田市で

 国の特別天然記念物コウノトリの野生復帰に取り組む野田市は八日、雄十歳の「コウくん」と、雌二十歳の「コウちゃん」のペアが四年連続で産卵したと発表した。
 今年はペアの産んだ卵を、兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園のペアが産んだ卵と交換する計画で、二回目の放鳥に向けスタートを切った。
 野田市によると、同市江川地区の飼育施設「こうのとりの里」で同日朝、飼育員が巣に卵一個を産んでいるのを確認した。
 ペアは昨年、二月十二〜二十一日にかけ卵五個を産み、三羽がふ化。七月二十三日に巣立った三羽を関東で初めて放鳥した。 (飯田克志)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201602/CK2016020902000178.html

ttp://archive.is/nPS62

posted by BNJ at 21:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: