2016年02月10日

記者日記 鳥の視点【佐賀新聞LiVE2016年2月10日】(クロツラヘラサギ)

 人災と知って、少し胸が痛んだ。海外の愛鳥家がどんなに残念がるだろうと思ったからだ。

 羽から血が出ていた絶滅危惧種の渡り鳥クロツラヘラサギが先日、越冬地となっている鹿島市の有明海沿岸の干拓地で保護された。釣り糸が羽の根元に絡まり、血行が悪くなって衰弱していた。翌日は大寒波が襲い、関係者は「あと1日放っておい ...
http://www.saga-s.co.jp/column/opinion/22207/277370

ttp://archive.is/N9nVY

posted by BNJ at 21:14 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: