2016年02月09日

キヤノン、生物多様性の取り組み「Canon Bird Branch Project」を開始【ワールドペットニュース2016年2月9日】

 キヤノンは、鳥をテーマとした事業所活動を通じて「生命の循環」について考えるプロジェクト「Canon Bird Branch Project」を開始した。

 東京都大田区下丸子にあるキヤノン株式会社本社は、敷地の3割が緑地帯で、そこには昼夜さまざまな鳥たちが訪れる。鳥は植物、虫、小動物など、地域の生態系ピラミッドの上位に位置する「生命の循環」のシンボル。鳥がいるということは、つまり地域の生命が循環し、生態系が健やかであることの証なのである。

 「Canon Bird Branch Project」ホームページでは、写真とコラムによる野鳥写真図鑑や鳥の撮影方法、キヤノンの生物多様性保全活動などを紹介する。

 「野鳥写真図鑑」では、野鳥写真家の戸塚学氏が撮影した写真と日本野鳥の会理事の松田道生氏が収録した鳴き声とともに、同会理事で主席研究員である安西英明氏による解説を交えて身近な野鳥を紹介。

「野鳥の撮りかた」では、野鳥写真家の戸塚学氏による野鳥の撮影講座を連載。初回は野鳥撮影のマナーと野鳥の撮りかた入門編(例:野鳥を撮るのにピッタリのカメラは?)を掲載している。

 キヤノンはこのプロジェクトをきっかけに、生命の循環について学び、育てるための取り組みを広めていくことを目指すという。
http://canon.jp/ecology/bird-branch/
http://www.petoffice.co.jp/wpn/news.cgi?shop=honten&no=n2016020901

ttp://archive.is/BPWMr

posted by BNJ at 22:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: