2016年02月18日

道内の鳥36点 千歳市民ギャラリーで「嶋田忠写真展」開幕【苫小牧民報2016年2月18日】

鳥が生きる瞬間を捉えた作品が並ぶ
 千歳市民ギャラリー=千代田町=の1階展示ホールで17日、「嶋田忠写真展」が開幕した。市内に住み世界各地の鳥類、動物を追い掛けている写真家の嶋田さんが道内で撮影した鳥の写真36点を21日まで公開。入場無料。

 千歳市民文化センター自主文化事業。市が2006年に寄贈を受けた作品群205点の中から抜粋した。

 ミヤマホオジロ、ゴジュウカラ、キレンジャクが雪の中で生きている。枝でたたずむシロフクロウや首を伸ばすひな鳥に給餌するキビタキ、岩場のオオルリなどの姿。北の森や野原、川で目を凝らして捉えた野生の姿が写っている。獲物を捕食するアカショウビン、飛ぶシマフクロウ―の活写もあり、”嶋田ワールド”が広がる。

 埼玉県出身の嶋田さんは1971年に日本大学農獣医獣医学部を卒業後、73年に動物雑誌「アニマ」創刊へ写真家として参加した。80年に千歳市に移住。写真集近作は千歳川で撮影を重ねた「凍る嘴(くちばし)厳冬のハンター『ヤマセミ』」(平凡社、2014年)。

 期間中は午前10時〜午後6時開場し、最終日のみ午後5時終了。
http://www.tomamin.co.jp/20160235409

ttp://archive.is/oiZQ6

Amazon.co.jp

凍る嘴: 厳冬のハンター[ヤマセミ]

新品価格
¥4,104から
(2016/2/19 11:24時点)




楽天市場

【送料無料】 凍る嘴 厳冬のハンター“ヤマセミ” / 嶋田忠 【単行本】

価格:4,104円
(2016/2/19 11:25時点)
感想(0件)




北海道)カフェから野鳥パチリ 1周年のフォトコン企画【朝日新聞デジタル2015年12月21日】(嶋田忠ネイチャーフォトギャラリー/既報関連ソースあり)
ヤマセミの生命力活写 ギャラリー1周年 嶋田さん写真展【どうしんウェブ2015年12月3日】

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: