2016年02月19日

「大山ブランド守る」 鶏肉偽装で鳥取県が抗議【日本海新聞2016年2月19日】(既報関連ソースあり)

 京都市の食肉加工会社が宮崎・鹿児島両県産のブロイラーを鳥取県産の「大山都どり」と偽って出荷していた問題を受け、鳥取県は18日、同社に抗議するとともに、京都府や国に対して食品表示法や景品表示法に基づく「厳格な措置」を求めることを確認した。

 県庁であった緊急会議で、平井伸治知事は「農家は頑張っておいしい鶏を育て、ブランドを作り上げてきた。(産地偽装は)私たち生産地への侮辱であり、まかり通ってはならない」と怒りをあらわにした。

 県は、県内生産者が訴訟に踏み切る場合は支援するほか、県産の鶏肉の販路拡大に協力することなど今後の対応を確認。「大山ブランドを守るため断固たる対応を取る」と宣言し、厳しく対処する方針を決めた。

 産地偽装問題は、京都、大阪、滋賀などの大手食肉小売店やスーパーに鶏肉を販売する京都市南区の「都ジャパン」が、宮崎・鹿児島両県産のブロイラーを鳥取県産の「大山都どり」と偽り、通常より高い価格で出荷していた。鳥取県内への流通は確認されていないという。
http://www.nnn.co.jp/news/160219/20160219006.html

「大山」ブランド鶏肉偽装 県内業者、怒りあらわ【日本海新聞2016年2月19日】
 京都市南区の食肉加工会社「都ジャパン」が、宮崎・鹿児島両県産のブロイラーを「大山都どり」と偽って出荷していたことが明らかになった17日、「大山」ブランドを悪用する行為に、同社と取引がある鳥取県内の食肉業者は怒りをあらわにした。
http://www.nnn.co.jp/news/160218/20160218006.html

ttp://archive.is/diqKa
ttp://archive.is/2t3tY
ブランド鶏偽装10年、差益500万円 京都、廃業へ【京都新聞2016年2月17日】

posted by BNJ at 21:14 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: