2016年03月07日

ウミネコ 飛来、今年も 市民「ホッとした」 全焼の蕪嶋神社 /青森【毎日新聞2016年3月7日】(既報2ソース/既報関連ソースまとめあり)

 火災で蕪嶋神社が全焼した八戸市鮫町の蕪島に、今年も数多くのウミネコが飛来した。蕪島はウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されているが、頂上にある同神社焼失の影響が心配されていた。例年と変わらない「春告げ鳥」が乱舞する姿に、市民は安堵(あんど)していた。

 ウミネコ監視員の吉田勝鴻さん(73)によると、2月14日に飛来を確認。「例年通り来てくれて安心した」と喜んだ。市内の中居としさん(67)は「昨年の火事で心配したが、よかった」とウミネコに目をやっていた。

 野沢俊雄宮司(65)は「春を告げるウミネコがいつも通り飛来して春が来たという感じでホッとした」と安堵の表情を浮かべていた。最盛期には3万5000羽が飛来するが、神社の再建工事は繁殖期間を避ける方針だ。【塚本弘毅】
http://mainichi.jp/articles/20160307/ddl/k02/040/048000c

青森)蕪島の神社焼失後もウミネコ飛来 市民は安堵【朝日新聞デジタル2016年3月5日】
蕪島に今年も飛来したウミネコの群れ=4日、八戸市鮫町

 神社が焼失した八戸市鮫町の蕪(かぶ)島に今年も無事にウミネコの群れが飛来し、市民をホッとさせている。

 蕪島はウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている。昨年11月、島の頂にある蕪嶋神社が全焼し、周辺環境への影響が心配されていた。

 野沢俊雄宮司によると、今年初めて群れが姿を見せたのは2月14日だったという。その後も天気のいい日には群れが飛来しては周辺を飛び回ったり、営巣地を確認するように降り立ったりしている。

 野沢宮司は「今年も無事にきてくれてホッとしている。繁殖に影響のないように再建工事を進めたい」と話した。
http://www.asahi.com/articles/ASJ34331FJ34UBNB002.html

蕪島にことしも春の使者=yデーリー東北2016年3月5日】
蕪島には、ことしも多くのウミネコが飛来している=4日午前11時ごろ
写真
 八戸市鮫町の蕪島に、ことしも多くのウミネコが飛来している。蕪嶋神社が火災で焼失し、山頂の風景は様変わりしたが、春の使者≠ェ例年通りに姿を見せ、関係者は胸をなで下ろした。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20160304/201603040P123220.html

ttp://archive.is/nVt9Q
ttp://archive.is/xQNF9
ttp://archive.is/AYMIe
【ZOOM東北】青森発 全焼の蕪島神社…「八戸の宝」再建へ善意【産経ニュース2016年1月24日】
<蕪嶋神社>再建目標2018年12月【河北新報オンラインニュース2016年1月14日】
青森・蕪嶋神社火災 焼失した「ウミネコの聖地」 再建を待つ住民と鳥たち【THE PAGE2015年11月23日】
蕪嶋神社焼失から1週間 広がる支援の輪【デーリー東北2015年11月13日】

posted by BNJ at 12:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: