2016年03月07日

タンチョウ給餌、野生に近い状態で 釧路市鶴愛護会50周年 正富名誉教授講演【どうしんウェブ2016年3月7日】

釧路市タンチョウ鶴愛護会50周年を記念し、講演する専修大道短大の正富宏之名誉教授
 釧路市阿寒町を拠点に国の特別天然記念物タンチョウの保護活動に取り組む釧路市タンチョウ鶴愛護会の設立50周年記念講演会が6日、釧路市内で開かれ、タンチョウを取り巻く環境の変化などが報告された。

 講演会には市民ら約120人が参加。地元の写真家佐藤照雄さんが、世界に生息する全15種類のツルを自ら撮影した写真で紹介した。

 その後、タンチョウ研究の第一人者で専修大道短大の正富宏之名誉教授が、かつて道内全域で生息していたタンチョウが、開発による湿地帯減少で1920年代には道東でしか見ることができなくなったと紹介。近年は個体数増加で、道東以外にも営巣地を拡大するが「残念ながら、人の助けなしに現状の個体数は維持できない」と指摘しながらも、「なるべく野生に近い状態で給餌しなければ保護の意味はない」と訴えた。

 また、講演に先立ち、釧路市タンチョウ鶴愛護会の吉田守人会長は「高齢化により会員が減少している。保護活動のために会員になっていただきたい」と呼び掛けた。同愛護会は阿寒町タンチョウ鶴愛護会が前身で、阿寒中学校の生徒によるタンチョウへの給餌活動を機に、1965年11月に発足した。(山崎真理子)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0243142.html

ttp://archive.is/3PXlp

posted by BNJ at 12:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: