2016年03月09日

お散歩ガイド 福島潟の魅力満載 新潟・北区 観察楽しんで、草花・野鳥を紹介【新潟日報モア2016年3月9日】

潟の自然を紹介した「福島潟お散歩手帖」=新潟市北区
潟の自然を紹介した「福島潟お散歩手帖」=新潟市北区
お散歩ガイド 福島潟の魅力満載
新潟・北区 観察楽しんで、草花・野鳥を紹介

 新潟市北区の福島潟を拠点に環境保全活動を行うNPO法人「ねっとわーく福島潟」は、潟の四季の草花や野鳥などを紹介する冊子「福島潟お散歩手帖(てちょう)」を発行した。福島潟を散策する人らに、潟周辺に多様な生物がいることを知ってもらい、草花や野鳥の観察を楽しんでもらう狙いだ。

 「ねっとわーく福島潟」会員や、水の駅「ビュー福島潟」の職員らでつくる編集委員会が製作した。カラーで散策ルートを掲載したほか、「ビュー」の職員らが撮影した写真を載せた。

 草花や生物は季節ごとに項目を分けて解説した。潟内の自然学習園などで見られる草花のサワオグルマやカキツバタ、潟に飛来する野鳥のオオヨシキリ、さまざまな種類のワシやカモなどを紹介している。

 製作担当者は「福島潟というとオオヒシクイや春の菜の花のイメージがあるかもしれないが、他にもさまざまな生き物がいることを知ってもらいたい」と話している。

 県内の図書館や市内外の小学校に配布するほか、ビュー福島潟でも観察会で貸し出す予定だ。

 冊子はB6判63ページ。2千部を発行。問い合わせはねっとわーく福島潟、025(387)0284(月曜休み)。
http://www.niigata-nippo.co.jp/life/tourist/news/20160308239917.html

ttp://archive.is/A38i2

posted by BNJ at 21:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: