2016年03月11日

トキ、今季初の営巣…40〜50組のペア行動【YOMIURI ONLINE2016年3月11日】(既報2ソース)

巣作りをするトキのペア(環境省提供)
 環境省は10日、新潟県佐渡市で放鳥された野生下のトキのペア1組(6歳雄、5歳雌)が今季初めて営巣を始めたと発表した。

 同省佐渡自然保護官事務所によると、このペアは昨年も同じ木で繁殖に成功し、ひな1羽を巣立たせた。2月上旬頃から擬交尾や枝を運ぶ様子が確認され、10日朝、巣作りを確認した。他にも40〜50組のトキがペアで行動しており、営巣する可能性があるという。

 同省は2月に2020年に野生下で1年以上生息する個体数を220羽とする目標を掲げた「野生復帰ロードマップ」をまとめたばかり。同省佐渡自然保護官事務所の広野行男首席自然保護官は「ロードマップの初めの年にあたるので、目標を見据えてやっていきたい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20160311-OYT1T50090.html

羽ばたけトキ 放鳥トキ、今季初営巣 佐渡【新潟日報モア2016年3月10日】
 環境省は10日、佐渡市の野生下で放鳥トキのペア1組の営巣を確認したと発表した。巣を作ったのは6歳雄と5歳雌=写真(環境省提供)=。野生下での営巣確認は今季初めてで、トキの繁殖期が本格的に始まった。

 2羽は昨季もペアとなり、ひな1羽を巣立たせた。10日朝、巣を作る様子が確認された。環境省の広野行男首席自然保護官は「気温の変動が大きく、影響を心配したが昨季と同時期に営巣が確認できてよかった」と話した。

 昨季は島内で38組のペアが営巣し、16羽のひなが巣立っている。現在、40〜50組程度のペアで行動するトキが観察され、昨季より多いペアの形成とひなの誕生が期待されている。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20160310240450.html

放鳥トキが今年初営巣 佐渡、繁殖期スタート【産経ニュース2016年3月10日】
 環境省は10日、新潟県佐渡市で放鳥された国の特別天然記念物トキのつがい1組が巣作りを始めたと発表した。今年最初の確認で、本格的な繁殖期が始まった。

 環境省によると、2月中旬ごろから付近で枝を運んだり、求愛したりする様子が観察されていた。3月10日午前に、杉林の高さ約13メートルで作りかけの巣を確認した。

 つがいはいずれも佐渡トキ保護センター(同市)生まれの6歳の雄と、5歳の雌。市内では10日現在、野生で151羽が生息している。このつがいの他にも40〜50組程度がペアで行動しており、今後営巣する可能性が高い。
http://www.sankei.com/life/news/160310/lif1603100051-n1.html

ttp://archive.is/2tnDy
ttp://archive.is/lkn4z
ttp://archive.is/zVEeh

posted by BNJ at 21:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: