2016年03月15日

「ウッティー」キーホルダーに 国内初の人工ふ化ウミウ【京都新聞2016年3月15日】(宇治川鵜飼)

鵜飼のPR用として作製されたウッティーの縫いぐるみキーホルダー(宇治市宇治・市観光協会)
 京都府宇治市観光協会が、宇治川の鵜飼のウミウ2世「うみうのウッティー」の縫いぐるみキーホルダーを作った。鵜飼のPR用として販売はせず、イベントなどでプレゼントする。

 高さ約9センチ。イラストレーター形部一平さんが手掛けたキャラクターのイラストを基にした「U」の字入りのよだれかけや羽で魚を持つ姿で、2千個を作製した。

 今年の鵜飼は7月1日〜9月30日に開く。天候不順な6月を避け、暑い日が多い9月を増やしたため、初日と最終日はともに例年に比べて半月ほど遅くなる。

 2014年に国内初の人工ふ化で誕生したウッティーの1羽目は初日から参加する予定。昨年、生まれた2羽もシーズン中のデビューを目指し練習に励んでいる。鵜匠の澤木万理子さんは「愛嬌(あいきょう)のある姿で頑張っている」と活躍を期待している。

 問い合わせは、市観光協会TEL0774(23)3334。
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20160315000099

ttp://archive.is/ydHMl
人工ふ化ウミウ、鵜匠と成長記録 京都・宇治で初の写真展【京都新聞2015年12月25日】

posted by BNJ at 21:37 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: