2016年03月16日

トキ ペアが今年初の産卵 出雲 /島根【毎日新聞2016年3月16日】(既報1ソース)

今年初めて確認されたトキの卵=島根県出雲市提供
 出雲市は14日、市トキ分散飼育センターで飼育しているトキのペアから今年初の産卵を確認したと発表した。

 市によると、センターでは6羽のトキを飼育。3組のペアのうち、産卵したのは14歳雄と12歳雌のペア。14日午前8時10分に出勤した職員が見つけた。卵は採卵して、ふ卵器に入れている。

 有精卵かどうかの判定に20日程度かかる。有精卵なら巣に戻し、順調ならば4月中旬ごろ、ふ化する見通し。【山田英之】
http://mainichi.jp/articles/20160316/ddl/k32/040/356000c

出雲でトキ今年初産卵【YOMIURI ONLINE2016年3月15日】
 出雲市は14日、特別天然記念物・トキの繁殖に取り組んでいる市トキ分散飼育センターで、今年初めての産卵を確認したと発表した。

 発表によると、同センターで飼育する3ペアのうち、14歳の雄と12歳雌のペアの巣に卵があるのを、14日朝に職員が確認。通常、トキは夕方に産卵することから13日夕に産んだと推定している。同センターでは、このペアが昨年、卵を壊したり、抱卵を続けても無精卵だったりしたことから、今回は20日間程度、孵ふ卵器に入れ、有精卵だった場合、巣に戻す。順調に育てば4月中旬頃、孵化する。

 昨年の初産卵は3月17日だった。国内では、今月3日に新潟県の佐渡トキ保護センターで初産卵があった。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20160314-OYTNT50047.html

ttp://archive.is/XVA5t
ttp://archive.is/J8bLX

posted by BNJ at 21:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: