2016年03月16日

神戸どうぶつ王国に新エリア 4種の動物間近に【神戸新聞NEXT2016年3月16日】(他1ソース/既報関連1ソース/パプワシワコブサイチョウ/バードショー)

神戸どうぶつ王国で19日に登場する新エリア「アジアの森」。木の上のレッサーパンダを間近に見られる=神戸市中央区港島南町
愛くるしい表情のコツメカワウソ=神戸市中央区港島南町
拡大
愛くるしい表情のコツメカワウソ=神戸市中央区港島南町
 神戸・ポートアイランドの観光施設「神戸どうぶつ王国」に19日、新エリア「アジアの森」が登場する。東南アジアをイメージした展示で、樹上を移動するレッサーパンダやコツメカワウソなど4種の動物の生態を間近で楽しめる。

 広さ約400平方メートル。通路の両側には水路を設け、竹やアジア原産の植物などを配した。レッサーパンダの木登りやジャコウネコ科のビントロングが樹上や岩場部分で横になったりする様子を観察することができる。

 ほかに、コツメカワウソが水辺で動き回り、大きなくちばしと黄金色の首もとが特徴的な2羽のつがいのパプアシワコブサイチョウがエリア内を飛ぶ。同施設によると、繁殖行動が見られるといい、成功すれば国内の動物園では初という。

 担当者は「すぐ目の前で、かわいらしい動物たちのリアルな姿を楽しんでもらいたい」と話している。(鈴木雅之)
http://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201603/0008898176.shtml

神戸どうぶつ王国「アジアの森」19日オープン【毎日新聞2016年3月16日】
新エリア「アジアの森」でレッサーパンダにリンゴを与える来場者神戸市中央区の神戸どうぶつ王国で2016年3月16日午前11時19分、松本杏撮影
 花や鳥と触れ合える「神戸どうぶつ王国」(神戸市中央区)で19日オープンする新エリア「アジアの森」が16日、観光や報道の関係者に公開された。通路へせり出した木の枝でレッサーパンダなどが間近に見られ、エサのリンゴをねだる愛らしい姿に歓声が上がった。

 アジアの森は約400平方メートルの空間を高さ約3〜4メートルの擬岩で囲い、動物の野性味を感じられるよう木々や滝の造形で本来の生息環境に近付けた。

 レッサーパンダは生後8カ月の3きょうだい。おりや網が無く来場者との境界は幅1.5メートルの水堀のみ。丸太を渡ったりじゃれ合ったりする様子を、息遣いが感じられるような近さで観察できる。毎日午後2時半からスタッフによる生態解説とエサやり体験がある。

 他に、ジャコウネコ科のビントロング(全長1メートル)や大きなくちばしのパプアシワコブサイチョウ(同70センチ)、コツメカワウソ(同60センチ)がいる。

 アジアの森のオープンに合わせて、人気のバードパフォーマンスショーもリニューアルした。見た目に迫力があるダルマワシやハヤブサなどが仲間入りし、メインのルアーキャッチはひも付きの疑似餌を操りハヤブサを高速で旋回飛行させる。【松本杏】
http://mainichi.jp/articles/20160317/k00/00m/040/030000c

ttp://archive.is/Wk0Sg
ttp://archive.is/4nzTs

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: