2016年03月16日

コウノトリ 3年連続産卵 朝来・三保地区 /兵庫【毎日新聞2016年3月16日】

 県立コウノトリの郷公園(豊岡市)は15日、朝来市山東町三保地区にある拠点施設で、今年初の産卵を確認したと発表した。この拠点施設での産卵は3年連続となった。

 三保地区の施設はコウノトリの繁殖地拡大のため、2012年に完成し飼育コウノトリのペアを移送。13年7月、このペアが育てていた2羽を朝来市では初めて放鳥した。

 親鳥はいずれも東京都多摩動物公園生まれの雄(14歳)と雌(15歳)。この日午前7時10分ごろ、郷公園の職員が1個を確認した。【柴崎達矢】

〔但馬版〕
http://mainichi.jp/articles/20160316/ddl/k28/040/477000c

ttp://archive.is/X5Qmc

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: