2016年03月22日

「新年度の顔」にシロフクロウのハク 須坂市動物園総選挙【産経ニュース2016年3月22日】(既報関連ソースあり)

 須坂市動物園の新年度の“顔”を決める「代表動物選挙2016」の投票が19〜21日に行われ、シロフクロウの「ハク」が589票(得票率21・5%)を獲得し、出馬した12動物の頂点に輝いた。6回目を数えた同選挙で鳥類の当選は初めて。有権者(来園者)のうち投票したのは2736人で投票率は43・5%だった。

 3度目の正直となったハクは、「猛禽類(もうきんるい)の知名度を上げるためのイベント開催」を公約に掲げ、選挙前から檻の外に出て来園者との記念撮影に応じるなど有権者への浸透を地道に図ってきた。担当飼育員の羽生田(はにうだ)実さん(54)は「来年の酉年に向けて良い知らせ。公約はきちんと実現します」と話していた。

 ハクは、新年度の須坂市動物園の年間パスポートの表紙を飾ったり、園内のイベントに出演したりと同園の顔として1年間活躍する。
http://www.sankei.com/region/news/160322/rgn1603220052-n1.html

ttp://archive.is/DgxKe
地民党に共鳴党…公約は「白黒はっきりさせます」「ひとはだ脱ぎます」 どこの「総選挙」?【産経ニュース2016年3月8日】

posted by BNJ at 11:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: