2016年03月28日

フンボルトペンギン「フブキ」と「マーチ」です 城崎マリンワールドで命名式 /兵庫【毎日新聞2016年3月28日】(既報1ソース)

「フブキ」と「マーチ」と、命名した金谷玲子さん(中央)=兵庫県豊岡市瀬戸の城崎マリンワールドで、柴崎達矢撮影
 豊岡市瀬戸の水族館「城崎マリンワールド」で、飼育しているフンボルトペンギン2羽の命名式があった。25日午前の来場者から集まった97件から飼育員が選ぶなどした結果、それぞれ「フブキ」「マーチ」と名付けられた。

 フンボルトペンギンは南米のチリやペルーの海岸などに生息。マリンワールドでは42羽を飼育している。今回の命名の対象になった2羽はいずれも1歳のきょうだい。性別はまだ不明という。

 名付け親になったのは友人と卒業旅行に訪れた西宮市の高校3年、金谷玲子さん(18)。先に生まれた「フブキ」は「12月生まれで、元気に振る舞ってほしい」との思いから、また後に生まれた「マーチ」は「3月生まれで、行進曲のように元気で明るいイメージで」との理由で、それぞれ命名したという。

 ペンギンのぬいぐるみを贈られた金谷さんは「びっくりしている。元気にここで楽しく過ごしてほしい」と話していた。飼育員の千葉美結さん(24)は「すてきな名前を付けてもらった。みんなに愛されてほしい」と期待した。【柴崎達矢】
http://mainichi.jp/articles/20160328/ddl/k28/040/369000c

“兄弟”ペンギン「フブキ」と「マーチ」に決定 兵庫・城崎マリンワールド【産経ニュース2016年3月26日】
名付け親の金谷玲子さんとペンギン2羽=豊岡市瀬戸
 豊岡市瀬戸の水族館「城崎マリンワールド」で生まれ、1歳になった2羽の“兄弟”ペンギンの名前が、25日決まった。

 2羽の性別はどちらもまだわかっていないが、平成26年12月生まれの“兄”は「フブキ」、昨年3月生まれの“弟”は「マーチ」と命名。

 この日午前、入館者から募集し、97通の中から選ばれた。名付け親は、同級生ら6人で高校の卒業旅行に来ていた西宮市の金谷玲子さん(18)。

 2羽と記念撮影=写真=をしながら、「1羽は冬をイメージして吹雪のように強く、たくましく…。もう1羽は3月生まれなのと、元気な動きから音楽のマーチをかけて思いついた」とにこやかに話した。
http://www.sankei.com/west/news/160326/wst1603260063-n1.html

ttp://archive.is/x9RTy
ttp://archive.is/eFnOt

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: