2016年03月31日

ようこそ春の旅鳥たち 南さつま市・笠沙で羽休め【373news.com2016年3月29日】(ギンムクドリほか)

草むらで餌を探すギンムクドリ=28日、南さつま市笠沙
ホオジロハクセキレイ
 南さつま市笠沙は、海上を島伝いに繁殖地や越冬地へ向かう渡り鳥たちの貴重な中継地だ。特に春先には希少な迷い鳥たちが数多く観察されるため、思いがけない出合いを求めて訪れる野鳥愛好家が多い。今年も3月に入り、続々と珍客の便りが届き始めている。
 好天に恵まれた28日午後、海辺近くの草地には、県本土ではあまり見られない珍しいギンムクドリや、数少ない旅鳥のホオジロハクセキレイなどが羽を休めていた。
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=74124

ttp://archive.is/Ev8AL

posted by BNJ at 11:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: