2016年03月31日

四代目江戸家猫八さんが死去、66歳 十八番は「ウグイス」の鳴きまね 3月9日に入院、2週間足らずで急逝【産経ニュース2016年3月31日】(他5ソース)

江戸家猫八さん=2012年2月、東京・大手町(栗橋隆悦撮影)
 動物鳴きまねなどの芸で知られる四代目江戸家猫八(本名・岡田八郎=おかだ・はちろう)さんが21日に進行胃がんのため死去していたことが31日、分かった。66歳だった。落語協会が同日、発表した。25日に近親者のみで密葬を済ませた。喪主は妻のシゲ子(しげこ)さん。後日、お別れの会を開催する予定。

 今年1月末に胃がんが発覚したが、2月にテレビ番組「徹子の部屋」の収録などを行っていた。容体が悪化し、3月9日に入院したが、わずか2週間足らずでの急逝だったという。

 昭和34年から、江戸家小猫としてテレビ出演を始めた。43年に高校を卒業後、父の三代目江戸家猫八に入門。47年に落語協会に入会し、寄席へ出演するようになった。歌舞伎役者から寄席芸人に転じた祖父(初代江戸家猫八)から代々伝わってきた名人芸で人気を博した。ニワトリやイヌ、カエルなどの動物のまねのほか、コオロギやスズムシなどの昆虫のものまねも定評があった。

 中でも小指を口にくわえて鳴き声をまねる「ウグイス」は十八番で、野鳥の鳴きまねには特に力を入れていた。動物の鳴きまねの研究のため、上野動物園などをよく訪れていたほか、野鳥の鳴きまね研究では、日本各地はおろか、東南アジアなどの野鳥の生息地に出かける熱心さも知られていた。

 テレビドラマや映画などにも出演。テレビの司会やナレーションなども務めるなど多才なところを見せ、近年では講演活動も行っていた。

 平成13年に父が死去後、21年に四代目を襲名。襲名当時、「猫八はおやじそのもの。自分が継いだら変だという葛藤があった」と打ち明けていたが、還暦を過ぎたことで四代目を継ぐことを決意したという。

 妹も動物ものまねの寄席芸人として活躍する江戸家まねき猫。23年には長男が二代目江戸家小猫を襲名した。
http://www.sankei.com/entertainments/news/160331/ent1603310013-n1.html
http://www.sankei.com/entertainments/news/160331/ent1603310013-n2.html

江戸家猫八さん死去 動物鳴きまね芸人【朝日新聞デジタル2016年3月31日】
四代目江戸家猫八さん
 動物鳴きまねで知られる物まね芸人の四代目江戸家猫八(えどや・ねこはち、本名岡田八郎〈おかだ・はちろう〉)さんが3月21日、進行胃がんのため死去した。66歳だった。葬儀は親族で営んだ。喪主は妻シゲ子さん。後日、お別れの会を開く予定。連絡先は落語協会(03・3833・8563)。

 東京都出身。祖父、父ともに物真似(ものまね)師。68年に父の三代目江戸家猫八に入門し、72年に寄席に出始めた。父とともにテレビの演芸番組に出演。ホトトギスの声帯模写などで人気を集めた。09年、四代目江戸家猫八を襲名した。長男は二代目江戸家小猫さん。
http://www.asahi.com/articles/ASJ3051MQJ30UCLV00J.html

訃報 江戸家猫八さん66歳=動物ものまね芸【毎日新聞2016年3月31日】
四代目 江戸家猫八(本名:岡田八郎)
 ウグイスなど動物や鳥の声帯模写で知られるものまね芸の四代目江戸家猫八(えどや・ねこはち、本名・岡田八郎=おかだ・はちろう)さんが3月21日、進行胃がんのため死去した。66歳。葬儀は近親者で営んだ。後日お別れ会を開く。喪主は妻岡田シゲ子(しげこ)さん。

 東京都出身。祖父は初代猫八、父は三代目猫八、長男は二代目小猫さん。1968年、三代目猫八に入門し、小猫を名乗った。動物のものまねで寄席を沸かせたほか、テレビドラマ出演や番組司会など多彩な活躍で人気を博した。国内外のバードウオッチングで鳥の鳴き声を研究するなど芸熱心で、2009年には猫八の四代目を襲名した。04年文化庁芸術祭優秀賞。

 寄席には1月20日まで出演。同月末に検査を受けたところ胃がんが見つかり、2月のテレビ番組「徹子の部屋」収録が最後の仕事になったという。
http://mainichi.jp/articles/20160331/k00/00e/040/278000c

ttp://archive.is/2907A
ttp://archive.is/GEFKj
ttp://archive.is/8u489
ttp://archive.is/ZuNYH
ttp://archive.is/5Zg5j
ttp://archive.is/LzfJq
ttp://archive.is/OHeLv
動物の声帯模写、四代目江戸家猫八さん死去【YOMIURI ONLINE2016年3月31日】
亡くなった四代目江戸家猫八さん(2009年10月撮影)
 動物鳴き声のものまね芸で知られる四代目江戸家猫八(えどや・ねこはち、本名・岡田八郎=おかだ・はちろう)さんが3月21日、胃がんのため死去した。

 66歳だった。告別式は近親者で済ませた。後日、お別れ会を開く予定。喪主は妻、岡田シゲ子さん。

 祖父は初代、父は三代目の猫八。1968年に父に入門し、江戸家小猫を名乗って寄席やテレビの演芸番組で活躍、ウグイスやカエルなど数百種類の動物の鳴き声をレパートリーにした。

 2001年の三代目の死後、09年に四代目猫八を襲名。2年後、長男に二代目小猫を襲名させ、親子で高座に上がる機会も多かった。妹の江戸家まねき猫さんも、動物ものまね芸人。

 今年1月20日まで寄席に出演し、2月には小猫さんと一緒にテレビ朝日系「徹子の部屋」(3月8日放送)の収録に参加したが、3月に入って容体が急変したという。
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20160331-OYT1T50094.html

江戸家猫八さん死去=声帯模写、66歳【時事ドットコム2016年3月31日】
 動物の声帯模写の第一人者として知られた四代目江戸家猫八(えどや・ねこはち、本名岡田八郎=おかだ・はちろう)さんが21日午後6時22分、進行胃がんのため川崎市の病院で死去した。66歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。後日お別れ会を行う。喪主は妻シゲ子さん。


 物まね師の家に生まれ、高校卒業後、1968年に父の三代目猫八に入門。江戸家小猫の名で寄席出演の傍ら、テレビのバラエティー番組などでも活躍し、親子共演でも人気を集めた。2001年に三代目が死去し、09年に四代目猫八を襲名した。11年には長男が2代目として小猫の名を継いだ。
 3月8日放送のテレビ番組「徹子の部屋」への出演が最後の仕事となった。 (2016/03/31-19:22)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201603/2016033100612

江戸家猫八さんが死去 動物の物まね芸の名手【共同通信2016年3月31日】
 動物の物まね芸の名手として知られた演芸家の江戸家猫八さんが21日、進行胃がんのため死去した。66歳。野鳥のさえずりなどの巧みな声帯模写と気品ある芸風で愛された。
http://www.47news.jp/PN/201603/PN2016033101001572.html

posted by BNJ at 22:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: