2016年04月04日

ユニークな「千鳥足」 春本番で山陰地方にコチドリ飛来【産経ニュース2016年4月4日】

皆生海岸に飛来したコチドリ=鳥取県米子市
 山陰地方の鳥取、島根の両県では桜が見頃を迎え、本格的な春が訪れているが、鳥取県米子市の皆生海岸には夏鳥コチドリが飛来した。

 コチドリは波打ち際で、歩く方向が定まらないユニークな動きを披露。「千鳥足」の由来だが、意表を突く動作で餌を探しているのだという。大きさはスズメぐらいで、目の周りの金色のアイリングが特徴。時折「ピピピー」と高音で鳴き、海岸に美声を響かせる。

 山陰各地での繁殖に向け、東南アジアなどから渡来。海岸などに営巣し、初夏に子育てをする。
http://www.sankei.com/west/news/160402/wst1604020030-n1.html

ttp://archive.is/SU9NW

タグ:コチドリ
posted by BNJ at 23:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: