2016年04月04日

茅沼駅のタンチョウ見納めか/標茶町【釧路新聞2016年4月4日】

  約50年間、JR北海道釧網線の茅沼駅で行われていた国の特別天然記念物タンチョウへの給餌が、3月末で終了した。給餌をしていた同駅近くに住む田中耕三さん(68)が、今秋以降の給餌をしないことにしたためだ。秋から冬にかけて、「タンチョウの来る駅」として多くの観光客が訪れる同駅だが、これからは見ることができない可能性がある。田中さんは「志半ばではあるが、一区切り付けたい」と話している。  
http://www.news-kushiro.jp/news/20160404/201604041.html

ttp://archive.is/Hzuhj

タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 23:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: