2016年04月05日

滋賀 大型剥製の展示可能に 湖北野鳥センター【中日新聞2016年4月5日】

開館以来、28年ぶりに衣替えした展示室=長浜市湖北町で

 長浜市湖北町の湖北野鳥センターが、展示室などを分かりやすく衣替えした。新装記念として、湖北野鳥写真コンテストの作品展を開いている。

 野鳥を映像で紹介する五十インチのスクリーンを設置。ショーケースを取り換え、カワウやトビなど大型剥製の展示が可能になった。老朽化した床も張り直し、床面にはコハクチョウやカイツブリの実物大イラストをあしらった。

 展示室のリニューアルは、一九八八(昭和六十三)年の開館以来初めて。専門員の池田昇平さん(24)は「野鳥との交流の場としてうまく機能させていきたい」とPRする。

 湖北野鳥写真コンテストの作品展では、金賞に輝いた古川博さん=同市南高田町=の「春」をはじめ、県内外から寄せられた八十八点を展示している。五月二十九日まで。

 原則、火曜休館。小中学生百円、高校生以上二百円。(問)同センター=0749(79)1289

 隣接する道の駅湖北みずどりステーションでは、湖北風景写真コンテストの作品展も開催。金賞の内藤又一郎さん=同市高月町=の「我も飛ぶ」など七十一点が並んでいる。八月三十一日まで。

 (渡辺大地)

 ◇両コンテストの他の上位の皆さん=関係分(いずれも長浜市)

 【野鳥】銀賞 中川敏和(湖北町)▽銅賞 広部芳美(湖北町)▽優秀賞 松井正次(西浅井町)山岡和芳(木之本町)【風景】銀賞 小坂俊一(高月町)▽優秀賞 風間一範(地福寺町)草野秀憲(勝町)中川敏和(湖北町)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20160405/CK2016040502000009.html

ttp://archive.is/0xcmS

posted by BNJ at 21:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: