2016年04月07日

鳥の運んだ枝で停電 送電線への接触原因【YOMIURI ONLINE2016年4月7日】(長野県伊那市ほか)

 伊那市など3市2村の一部地域で4日明け方に発生した停電について、中部電力長野支店は6日、鳥が運んだとみられる約2メートルの木の枝が、送電鉄塔の最上部の送電線に接触したことが原因と発表した。

 停電は午前4時53分に発生。計約1万2400戸で、最大約3時間半続いた。

 同支店の調査では、伊那市の春近変電所に設置された、異常な電圧を感知する「保護装置」が正常に機能しなかったことで、停電範囲を拡大させたことも判明した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/nagano/news/20160406-OYTNT50322.html

ttp://archive.is/Sn0eC

posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: