2016年04月03日

四万十町のネイチャーセンターがヤイロチョウのガイド冊子を作製【高知新聞2016年4月3日】

入門ガイド冊子として作製した「ヤイロチョウと生物多様性」
 高知県高岡郡四万十町大正の学習研修施設「四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター」がこのほど、ヤイロチョウの生態や四万十川流域の生物、植物などを紹介したガイド冊子を作製し、来館者に無料配布している。

 「ヤイロチョウと生物多様性」のタイトルで、A4判12ページ。高知県と四万十町の鳥でもあるヤイロチョウの入門ガイド冊子として3月下旬に1500部作製した。

 生態や種類のほか、センターを運営する「生態系トラスト協会」(中村滝男会長)が町内などで取得し、保全している保護区の森の歴史などを紹介。

 また、ヤイロチョウと同じ生息域にいる絶滅危惧種のクマタカやミゾゴイなどの野鳥をはじめ、四万十川流域の動物、植物、昆虫、魚類などをカラー写真で掲載した。

 今後、町内の小中高校に配布し、来館が難しい入手希望者には郵送などで対応する。中村会長は「四万十の生き物を身近に感じてもらい、生息環境の保全について考える、きっかけになれば」と話している。

 月曜休館。問い合わせは、「四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター」(050・8800・2816)へ。
http://www.kochinews.co.jp/article/13948

ttp://archive.is/cdOf7

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: