2016年04月10日

トキ 今季初、ひな誕生 佐渡・ふれあいプラザ /新潟【毎日新聞2016年4月10日】(他1ソース/既報1ソース)

 佐渡市は9日、同市のトキふれあいプラザで飼育している国の特別天然記念物トキから、ひな1羽がふ化したと発表した。国内のトキ飼育施設で確認された今季初のひなとなる。体長は約10センチで、元気な様子だという。

 同市によると、ひなの親は14歳の雄と6歳の雌。職員が同日午前6時ごろにふ化しているのを監視カメラで確認した。このつがいは3年連続計6羽をかえしており、現在も三つを抱卵している。同プラザのトキはこれで5羽となった。【南茂芽育】
http://mainichi.jp/articles/20160410/ddl/k15/040/035000c

トキ ことし初めてのヒナ誕生 新潟・佐渡市【NHKニュース2016年4月10日】
国の特別天然記念物、「トキ」を観察できる新潟県佐渡市の施設で、9日、ひながふ化したことが確認されました。国内でのトキのひなの誕生はことし初めてです。
ひなが誕生したのは、新潟県佐渡市にある観察施設「トキふれあいプラザ」です。
佐渡市によりますと、施設で飼育されていた14歳のオスと6歳のメスのつがいが、先月から4つの卵を温めていました。
そして、9日午前6時ごろ、このうちの1つからひなが体を出す様子を巣の近くに設置したカメラを通して職員が確認したということです。
国内の別の飼育施設や自然界を含めてトキのひなが誕生したのはことし初めてで、平成11年の「ユウユウ」以降、これで18年連続でひなが誕生したことになります。
今回生まれたひなは、時折立ち上がるなど、健康状態に問題はないということです。
「トキふれあいプラザ」ではガラス越しにトキの様子を確認でき、佐渡市は、「来週末にはひなが親から餌をもらう様子が見えると思う。子どもたちに日に日に成長する様子を間近で観察してほしい」としています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160410/k10010473591000.html

佐渡飼育トキ 今季初のふ化【新潟日報モア2016年4月10日】
 佐渡市は9日、同市新穂長畝の「トキふれあいプラザ」で、トキのひな1羽のふ化を確認したと発表した。市...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20160410246617.html

ttp://archive.is/NSMOM
ttp://archive.is/orFZZ
ttp://archive.is/qT0Bh

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: