2016年04月13日

航空トラブル 海自機に鳥衝突、小型部品が落下 鹿屋 /鹿児島【毎日新聞2016年4月13日】(バードストライク/既報1ソース)

 海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿屋市)は11日、第1航空隊所属のP3C哨戒機が鹿屋市上空を飛行中、操縦席の窓に鳥が衝突し、窓に洗浄液を吹きつけるアルミ合金製のノズル1個が落下したと発表した。

 基地によると、ノズルは底辺約9センチ、上辺約4センチ、斜辺約4・8センチの台形状。厚さは約2・1センチ、重さは約80グラム。ノズルに付いた配管(長さ約13センチ)も一緒に落下した可能性があるという。11日午後7時半ごろに衝突し、着陸後の点検でノズルがなくなっているのがわかった。被害の届け出はないという。【新開良一】
http://mainichi.jp/articles/20160413/ddl/k46/040/263000c

海自哨戒機で洗浄液ノズル紛失 鹿児島・鹿屋航空基地【産経WEST2016年4月12日】
 海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)は12日、同基地所属のP3C哨戒機から、操縦席の窓ガラス付近にある洗浄液のノズル1個を紛失したと明らかにした。基地周辺を飛行中、鳥がぶつかったはずみで落下したとみられる。人や建物への被害は確認されていない。

 鹿屋基地によると、ノズルはアルミ合金製。重さ約80グラムで、最大幅は約9センチ。機体とつなぐ長さ約13センチの配管と一緒に落ちたとみられる。

 哨戒機は11日午後7時20分ごろ、離着陸訓練のため、同基地を離陸。直後に鳥がぶつかった。
http://www.sankei.com/west/news/160412/wst1604120046-n1.html

ttp://archive.is/aAFYv
ttp://archive.is/swsyT

posted by BNJ at 22:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: