2016年04月14日

野鳥の「ぶらP」だよ、よろしくね 道の駅河北にマスコット誕生【山形新聞2016年4月14日】

道の駅河北のマスコット「ぶらP」
 河北町谷地の道の駅河北「ぶらっとぴあ」にマスコットが誕生した。最上川流域に多い野鳥のアイドルで、名前は「ぶらP(ピー)」。29日の新装開店に合わせてお披露目イベントが行われる。

 施設は最上川に架かる国道287号谷地橋のたもとにある。川岸にはヨシやヤナギが茂り、野鳥が数多く生息している。「ぶらP」は野鳥たちの仲間で、「ぶらっとぴあ」を巣にしているという設定。飛ぶのは苦手だが、カヌーが得意でパドルを持っている。体は町の花である紅花色。道の駅の敷地内に交通安全地蔵尊が祭られていることから交通安全のシンボルカラーである緑の羽根が1本だけ生えている。

 本年度から新たに指定管理者となったゴトウ通信(河北町、後藤健治社長)が多くの人に親しまれる道の駅にしようとマスコットを作成した。
http://yamagata-np.jp/news/201604/14/kj_2016041400278.php

ttp://archive.is/d5zG2

タグ:ゆるキャラ
posted by BNJ at 23:03 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: