2016年04月15日

姫セン動物総選挙、10候補が名乗り…兵庫【YOMIURI ONLINE2016年4月15日】(姫路セントラルパーク/ケープペンギン)

第2回姫路セントラルパーク動物総選挙の「候補者」たち
 センターは私だ!!――。姫路市豊富町のレジャー施設「姫路セントラルパーク(HCP)」は、園内にあるサファリパークの一番人気を決める「第2回HCP動物総選挙」を行っている。“候補者”たちは、それぞれユニークなポスターで支持を訴えており、福重祥一園長は「動物たちへの温かい声援と清き一票をお願いします」と、投票(23日まで)を呼びかけている。(新田修)

 昨年、初開催して好評だったことから、今年も実施。第1回はライオンやチーターなど10匹が出馬し、カピバラの「ローズ」が369票を集めて1位に輝いた。ローズは1年間、HCPのシンボルとして公式フェイスブック(FB)とツイッターの表紙に登場。日々の活動を写真で紹介してきた。

 HCPによると、2015年度は前年度を約7万人上回る65万人が来場したといい、担当者は「総選挙や、ローズのPR効果のおかげです」と話す。

 今年はホワイトタイガーやエゾヒグマ、オグロヌーなど10種類の動物が立候補。それぞれの特徴をアピールするポスターを園内をはじめ、FBやツイッター、インスタグラム(画像共有サービス)に掲載している。

 ケープペンギンの「イチミ」は、自らの体の色にちなみ、「何事も白黒つけます!!」と訴える。大柄なブタの「ボンボン」のキャッチフレーズは、人気漫画のタイトルになぞらえた「進撃の巨豚」。フタコブラクダの「アンジャ」は、ライバルの動物を意識し、「白くて可愛かわいい動物はライオンやトラだけじゃない!」と“美白”ぶりを強調する。

 投票は、園内のチンパンジー展示場前で受け付けている。また、23日のみ、ツイッターで各候補の投稿に「いいね」をクリックすることで投票できる。開票は24日に行い、結果は園内の掲示板などで発表する。

 問い合わせはHCP(079・264・1611)。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160415-OYO1T50007.html

ttp://archive.is/cIp8T

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: