2016年04月17日

飼育員って大変だね 登別マリンパーク 大人が一日体験【どうしんウェブ2016年4月17日】(ペンギンパレード)

ペンギンのパレードを手伝う一日飼育員の太田夏海さん
 【登別】登別マリンパークニクス(登別東町1)で16日、大人の一日飼育員体験が行われた。公募で選ばれた4人が飼育員になり、水族館の仕事を体験した。

 「飼育の日」(4月19日)にちなんだもの。参加者らは魚類・鳥類、イルカ、アシカ・アザラシ、両生類・は虫類の四つの担当に分かれ、飼育員の指導の下、サバを切って内臓を取り出す餌作りやショーのアナウンスなどを体験した。

 魚類・鳥類の担当でペンギンを受け持った札幌市の大学生太田夏海さん(20)は、約600人の入館者が見守る中、手をたたいてペンギンのパレードを誘導する手伝いをした。「お客さんが手を伸ばして触ろうとするので、ペンギンをよけさせるのが難しかった」と笑顔で話していた。(岩崎志帆)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0260156.html

ttp://archive.is/7VtuB

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: