2016年04月20日

ルリカケス子育て真っ最中 奄美大島 [鹿児島県]【西日本新聞2016年4月20日】

ふ化したひな(くちばしの下)とルリカケスの親
 頭や尾羽のるり色と背中の赤茶色のコントラストが美しい国指定天然記念物のルリカケスが、鹿児島県・奄美大島で繁殖の最盛期を迎えている。

 体長約40センチ。世界中で奄美大島と周辺の島だけに生息する。県レッドデータブックによると、近縁種がヒマラヤのインドカケスといわれ、大陸から離れた琉球列島の地史につながる遺存種としての価値があるとされる。

 奄美大島北部の龍郷町では、ルリカケスがガジュマルなどの木の洞で子育ての最中。森にはカラスや野良猫がおり、巣を見つけた地元の男性(37)は「外敵が多いので無事に巣立つか心配だ」と話している。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/239731

ttp://archive.is/0hl2o

posted by BNJ at 11:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: