2016年04月16日

【栃木】春の環境講演会 あす小山で開催 生物多様性の農業テーマ【東京新聞2016年4月16日】

 環境問題に取り組む市民団体「小山の環境を考える市民の会」は十七日、小山市中央町の市中央公民館で春の環境講演会「なぜ今、生物多様性を育む農業なのか?」を開く。
 毎年春と秋などに開催し、三十五回目。講師に「ラムサール・ネットワーク日本」の浅野正富事務局長を招き、生物多様性につながる農業の在り方を話してもらう。
 市民の会の楠通昭(くすのきみちあき)代表は「小山市は、トキやコウノトリが住める場所にしようと、多くの生物が生きる生物多様性に取り組んでいるが、それが大切であることを知ってもらうために参加してほしい」と話している。
 午後一時半〜三時半。入場無料で申し込み不要。問い合わせは、楠代表=電0285(27)7158=へ。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201604/CK2016041602000171.html

ttp://archive.is/mEQx7

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: