2016年04月23日

なるほドリ 宇治川の「ウッティー」って? /京都【毎日新聞2016年4月23日】

全国初、人工ふ化の鵜飼いの鵜

 なるほドリ 宇治川の鵜(う)飼いで人気の「ウッティー」って何?

 記者 宇治市観光協会が飼育しているウミウの卵から一昨年、全国初の人工ふ化で誕生した若鳥です。昨年、鵜飼いデビューを果たしました。鵜匠が親代わりになって育てたためか、人なつっこくて顔つきも可愛く、メディアでも紹介され全国的な人気です。昨年はきょうだいが2羽生まれました。今年も親鳥が卵を産み、3年連続のひな誕生が待たれます。鵜飼いの鵜の産卵自体が珍しく、ふ化するのは奇跡的といわれます。鵜匠らは繁殖しやすい環境作りに努めてきました。ウッティー誕生により、綱を使わずに漁をする「放ち鵜飼い」を目指しています。【学研宇治支局・富永浩三】
http://mainichi.jp/articles/20160423/ddl/k26/070/545000c

ttp://archive.is/Bakrq
鵜飼のウミウ、3年連続産卵 京都・宇治川【京都新聞2016年4月12日】
「ウッティー」キーホルダーに 国内初の人工ふ化ウミウ【京都新聞2016年3月15日】
人工ふ化ウミウ、鵜匠と成長記録 京都・宇治で初の写真展【京都新聞2015年12月25日】

posted by BNJ at 23:53 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: