2016年04月26日

巣箱作りなど親子で楽しむ【長崎新聞2016年4月26日】

母親の手を借りて小鳥の巣箱作りに挑戦する子ども=長崎市、あぐりの丘

 長崎市四杖町の市いこいの里「あぐりの丘」で24日、雑貨づくりや塗り絵などさまざまな体験ができる市民参加型イベント「あぐりフェス」が開かれた。小雨模様の中、多くの親子連れでにぎわった。

 市民に同施設の利用を促そうと、2013年から春と秋の年2回開いている。

 この日は15種類の体験プログラムがあり、作陶用粘土でこいのぼりプレートをつくったり、有機肥料に活用できる「竹パウダー」をつくったりした。

 小鳥の木製巣箱作りでは、子どもたちが真剣に金づちでくぎを打っていた。兄弟で挑戦した西彼長与町立長与小4年の水本優太君(9)は「弟がつくったものと一緒に家に飾りたい」と話した。
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2016/04/26092528047623.shtml

ttp://archive.is/lCObn

posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: