2016年04月27日

ツバメ軽快、風切って 平泉、県内で初飛来観測【岩手日報WebNews2016年4月27日】

 平泉町平泉の無量光院跡で26日、ツバメが池の上を元気に飛び回る姿が見られた。 

 ツバメは時折、羽の汚れを落とすために水浴びしたり、急旋回して飛行するなど活発に動き回った。観光客らは春の陽気の中、軽快に飛ぶツバメの姿を優しく見守った。日本野鳥の会もりおか代表の中村茂さん(74)は「県内では巣作りが盛んで、間もなく産卵時期を迎える。早い所ではひながかえっていることもあるだろう」と話す。

 盛岡地方気象台は同日、盛岡市山王町の同気象台でツバメの初飛来を観測した。気象庁の生物季節観測の一つ。平年より5日遅く、昨年より1日早いという。

【写真=水面の上を滑るように飛び回るツバメ=26日、平泉町平泉・無量光院跡】
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20160427_P

ttp://archive.is/6oFhJ

タグ:ツバメ
posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: