2016年04月27日

白鳥のヒナ元気に泳ぐ 市川【産経ニュース2016年4月27日】

 市川市南大野の「こざと北公園」で白鳥のヒナが誕生し、周辺住民の人気を集めている。親鳥に見守られて池を元気に泳ぎ回る姿が26日にも見られた。住民によると、昨春、つがいの白鳥が飛来して同公園の池周辺に住み着き、渡りをすることなく年を越した。今春、池の中に枯れ草を集めて作った巣に産卵し、数日前に4羽のヒナが生まれたという。

 母鳥が主に巣の中でヒナを育て、亀が近寄るとくちばしで追い払う一方、近くでは父鳥が天敵のカラスなどの襲撃を警戒。親鳥が池に入るとヒナたちもよちよちと後に続き、気持ち良さそうに泳いでいる。池の周辺では写真愛好家らがカメラを構え、住民らは「かわいい」と歓声を上げる。近所の女性(83)は「親鳥の愛情は細やか。人間も見習わなくちゃと思います」と話した。
http://www.sankei.com/region/news/160427/rgn1604270049-n1.html

ttp://archive.is/ovApj

posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: