2016年04月27日

徳島)銀鱗光らせ跳ねる 吉野川第十堰でアユ遡上【朝日新聞デジタル2016年4月27日】(鳥害)

魚道を跳ね上がるアユ=吉野川第十堰

 吉野川の第十堰(ぜき)でアユが遡上(そじょう)している。上板町側の魚道では時折、5センチ前後が群れて、次々と段差を跳び越えていた。勢い余って岸へ飛び出し、見学に来ている人が、拾って魚道へ戻す光景もしばしば見られた。天候の影響で水量が増えており、水の中を潜って遡上する場面が多い。

 鳥が舞い降り、アユを狙う。吉野川第一漁協の監視員が、花火を打ち上げるもあまり効果はないようだ。すぐに戻ってくる。漁協は水が引くのを見計らって、鳥よけの網を張る予定だ。アユ漁の解禁は一部を除き6月1日から。(長谷川大彦)
http://www.asahi.com/articles/ASJ4T4DGWJ4TPUTB009.html

ttp://archive.is/1m1qe

タグ:鳥害
posted by BNJ at 11:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: