2016年04月27日

スマスイ動物病院 獣医のなり方教えます オープン記念特別講義 来月15日の参加者募集 1日締め切り /兵庫【毎日新聞2016年4月27日】(ペンギンの健康診断/須磨海浜水族園)

ペンギンの健康診断見学も
 神戸市須磨区の須磨海浜水族園は5月15日、園内の飼育動物専用の「スマスイ動物病院」をオープンする。これを記念して同日、普段は非公開の同病院の特別内覧会(小学生対象)と、獣医の仕事に関する特別講義(小中高生対象)を開く。参加の応募は同1日まで(当日消印有効)。同園は「動物に長生きしてもらい病気の時も安心できる水族園を目指す」としている。【松本杏】

 園にとって飼育動物の定期的な健康診断と病気になった時の検査や治療、死んだ時の原因究明は欠かせない。イルカライブ館裏の検査室を拠点に往診していたが、開館当初に比べ、診察対象となる動物の種類が多様化・大型化。内視鏡や超音波診断機などの医療機器の充実に伴い、施設の拡充が急がれていた。

 同病院は園内中央で物置になっていた旧券売棟を改修して完成した。広さは1階部分約50平方メートルで、レントゲン室を備えた診療室と新たに設けた解剖室の2部屋。これまで死んだ動物は屋外の職員用駐車場で解剖していたが屋内で行えるようになった。また外注していた血液検査を院内でできるようになり早期診断が可能になった。

 特別内覧会は15日午前11時から約30分。同病院でペンギンの健康診断を見学する。定員は小学生10人(1組3人まで)。特別講義は小学生向け午後2時、中高生向け同3時から約30分。園獣医の毛塚千穂さんと学術研究統括の亀崎直樹さんが本館2階レクチャールームで「獣医のなり方教えます」と題して話す。定員は各回40人。いずれも応募多数の場合は抽選。参加費無料だが入園料が必要。

 応募は往復はがきに代表者氏名(ふりがな)、年齢、住所、電話番号、参加者氏名(同)と年齢、学校名、「特別内覧会希望」か「特別講義希望」のいずれかを明記し郵送する。宛先は〒654−0049神戸市須磨区若宮町1の3の5、スマスイ動物病院オープン記念イベント参加者募集係。問い合わせは同園(078・731・7301)。

〔神戸版〕
http://mainichi.jp/articles/20160427/ddl/k28/040/349000c

ttp://archive.is/aFOOi

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: